« 漆黒の闇の中を歩む | トップページ | 井伊直弼が虎姫へやって来た! »

2012年12月 6日 (木)

五先賢海北友松(ゆうしょう)の友情

この秋、小堀遠州四酔会と田根郷土史研究会の共催で「五先賢を京都に探る旅」が企画されました。

「湖山」に関わって「妙心寺」、「遠州」に関わって「金地院」と巡り、最後は「海北友松」の菩提所である「真如堂」を訪れました。

「友松」が、浅井家の家臣「海北善右衛門綱親」の五男で、父の戦死後唯一仏門に入り生き延び、画才を認められ狩野派に学んだことは有名です。今回の旅でも、あちこちで友松の作品を目にし、さすが武門の血を引く友松ならではの筆の跡を確認することができました。

Dsc03425何よりも、興味深かったことは、親交のあった明智光秀の重臣「斎藤利三」の墓と「海北友松」の墓が、ぴったりと隣り合わせに建っていたことでした。

明智光秀の謀反により、親友であった「斎藤利三」が本能寺跡で、その首をさらされていました。それを知った海北友松は、その首を見張りの武士に槍を突きつけ奪い去ったと伝わっています。

この時、長陽坊長盛という仲間の僧侶が大きな声で読経し、注意を逸らしたともいわれ、その僧が住職を務める真如堂に葬ったのです。友松は、自分が死んだらこのそばに葬ってくれるよう遺言し、この写真の通りになったというお話でした。

画家とはいえ、さすが武士の流れを汲む友松らしい武勇伝と聞かせてもらった次第です。

写真 京都真如堂にある二人の墓、手前が「斎藤利三」、奥が「海北友松」の墓です。妙な写真ですみません。 

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
人気ブログランキングへ

« 漆黒の闇の中を歩む | トップページ | 井伊直弼が虎姫へやって来た! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この間行った水口城の作事奉行も小堀遠州だったのですね。

昔、真如堂の近くにいたことがあるので、よく行ったのですが
当時は海北友松のことはつゆ知らず、見ていません。
今度行った時探してみます。

なるほど、良いお話ですね~。

でも現代では、首をさらすなんて非情な事は滅多にない怪奇事件です!

戦国時代は普通?に行われていたんですね。あ~怖い~!

海北友松さん、出身はこちらでもお墓は京都にあるのですね。

yawaragiさんへ
京都にお住まいだったとのこと、道理で品がいいんですね。
真如堂、本当に大きく堂々とした建物ですね。
なんか、真宗寺院に似てますね・・・と、講師先生に言いましたら、これも真宗寺院が真似たと考えるべきなようですね。

サラダ記念日さんへ
獄門さらし首は、日常茶飯事だったんではないようでしょうか。
このお墓、五輪塔も厳密に言うと、ヨセコセで、全部当時からあるものと考えるのは微妙とのことでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1504267/48102713

この記事へのトラックバック一覧です: 五先賢海北友松(ゆうしょう)の友情:

« 漆黒の闇の中を歩む | トップページ | 井伊直弼が虎姫へやって来た! »