« 亀塚古墳の持ち主は誰? | トップページ | 亀塚古墳図からNo.2 »

2012年11月 9日 (金)

亀塚絵図から分かること

正式には「右大臣中臣金之連御陵図」と題された、この図には興味ある記述があります。

その一つは、この古墳の存在する八島村(町)について、近江国浅井郡湯次郷田根荘八島村とあることです。

Dsc03591おそらく、古代の郷里制のもとでは、この八島村は内保、大路、三田などとともに「湯次郷」に含まれ、その後やってくる荘園制の時代には高畑、木尾、谷口などの集落とともに「田根荘」と呼ばれたものと思われます。その時期に、「波久奴神社」の祭も成立し、明治の市町村制の下、「田根村」と分離して「湯田村」となった後にも、祭の催行だけは田根村グループと一緒に行っています。

また、この図に「田根八幡宮」とあり、その近くに「神輿塚」なるものが描かれています。
「波久奴神社」の祭では、現在は「神輿」を境内で巡行した後、近くの「御旅所」にもどります。古くは、自町まで重い神輿を担いで帰っていたといいます.

八島村は、神社から遠くて、不満に思った村人は、神輿を返すことを拒否したといいます。どういう事情だったのか分かりませんが(おそらく、他に重大な理由があったものと思われます・・・。)そのまま、神輿を地中に埋めてしまったそうです。

そこが塚になっていて、頂上部に大きな石が押えとして置いてあったといいます。それが、この図に描かれている「神輿塚」だというのです。

いささか、あやふやな話ですが、この図を伝来されたご当家の方からお聞きした話です。

写真 現在、企画展で展示中の「右大臣中臣金之連御陵図」、掛け軸に表装されています。
お礼 つたない内容の当ブログ、PV10万ということになりました。皆様のあたたかなご訪問、心より感謝申し上げます。お別れの日が近づいていますが、よろしくお願いします。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
人気ブログランキングへ

« 亀塚古墳の持ち主は誰? | トップページ | 亀塚古墳図からNo.2 »

コメント

近江国浅井郡湯次郷田根荘八島村が今は長浜市八島町になるまでの、長い歴史を感じました。

それにしてもお神輿を埋めてしまうって、想像できない理由があったんでしょうね。

青字、見過ごしそうでしたが、お別れの日が近づいているんですか?

神輿を地中に埋めてしまうとは、なみなみならぬ
事情があったのでしょうね。

訪問者が10万人ですか。すごいですね。
これだけおられると、チョットやめられないと思うのは
私だけでしょうか。

サラダ記念日さんへ
本当です。どんな理由なのか、お伺いした人が八島町の方で、それ以上は語られませんでした。
この間の真相を、ご承知なのか、どうなのか、分かりません。

三姉妹博に続くふるさと博もめでたく終了いたしますので・・・。

yawaragiさんへ
並々ならぬ、ホント恐ろしいような、何かがあったと思うんですが?
もう一度、こっそり聞きたいんですが、聞いても、公平な判断がしにくいようにも思い、どうしょうか迷っています。
これだけおられると・・・・・、うまいこと言って、プレッシャーかけんといてくださいよ。
泣きながら、いま、この文字を打っているんですから・・・、そこまでは!

先生の素早い対応に感服しております。
私もこのIさんにいろいろお話をお聞きしまして
興味深い内容ばかりで驚きました。ただ、史実と言い伝えの
区別ができず・・・もう一度しっかりお聞きする必要があると
感じています。神輿塚を掘ったら、神輿の金具など
出てくるだろうとははっきりおっしゃいました。

博覧会が終わってからが大切です!
と、私は思っています。

お市さんへ
お話好きの方で、さぞいろいろ教えてくださったことと思います。
また、おすそわけ願います。
神輿塚のこと、私も冷やかし半分に、「今でも、そこを掘ったら何か出てくるんでしょうかね???」と言おうかと思っていたんですが、そんなことをおっしゃっていたんですか。
お話の信憑性に、自信をお持ちなんですね。

文書より口伝の方が真実を伝えているとか‥
掘れば、きっと何か出てくるんでしょうねぇ

色文字の「お別れの日が…」って何のことかさっぱり意味が分りませんが‥
覚書かなんかの消し忘れですかねthink

◇☆★☆★◇さんへ
文書より口伝、まさに、当館の「浅井長政刀」が、それにあたります。
サビサビの刀を磨いたら、真実が・・・、ドラマチックでしょう!

消し忘れではないんです。
浅井に宇宙美術館が!   http://sirmurai.cocolog-nifty.com/chible/2012/03/post-e45f.html
当ブログの今後について  http://sirmurai.cocolog-nifty.com/chible/2011/12/post-785e.html
を、ご覧いただき、私の苦しみ?をご理解いただければ幸いです。

解かってないな~bearing 「何のことかさっぱり意味が…」 解かってはあげませんよ!

◇☆★☆★◇さんへ
あーーー、やっぱり、そっちの方でしたか!
わかっていて、あのように書いたんですね!
でも、決意は・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1504267/47777967

この記事へのトラックバック一覧です: 亀塚絵図から分かること:

« 亀塚古墳の持ち主は誰? | トップページ | 亀塚古墳図からNo.2 »