« 秀吉は、誰の子? | トップページ | 三本の矢の遺言のウソ »

2011年12月28日 (水)

信長は、「甘党」???

清酒「清洲城信長鬼殺し」などといった、酒の広告もあり、信長は大酒飲みの印象を持ってきました。
Dscf6080_2
なんか、酒癖が悪く、明智光秀に絡んだ なんて話を聞いた気がします。
また、我が浅井久政、長政の髑髏に金泥で彩色し、正月に杯にして酒を飲んだとも伝えられています。(これは、飾っただけだという説が有力です.)

カリスマ性のある信長を、どの俳優が演じても、なんか底知れぬ恐ろしさのようなものが表現されていて、ちびりちびり、いや豪快に日本酒を飲んでいそうなイメージです。

でも、史料的には、「信長=酒飲み」というものは、一切なく、逆に「信長=甘党」とう史料は存在するといいます。

その史料とは、ここでも何度となく取り上げたルイスフロイスの「書簡」や「日本史」、第三者的な冷静な眼でその時代を活写していると思われます。

この両史料の中に「酒を飲まず、食を摂し・・・」とあるといいます。また、「甘党」だったことは、いろんな珍しいものを信長の元に持って行くと、欲しい物だけを選び残りは返したと書かれていて、コンフェイトスは喜んで受け取ったらしいのです。これは、おそらく金平糖か或いはそれに近い物だったに相違ありません。

金平糖の好きな、大酒飲み・・・、あんまり見かけないのではないでしょうか。
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
にほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ
人気ブログランキングへ

« 秀吉は、誰の子? | トップページ | 三本の矢の遺言のウソ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

金平糖の好きな、大酒飲みが居たら、想像しただけでも可愛いですね~。

でも、「饅頭を肴に酒を飲む人が居る」って聞いた事もありますよ。
本当かしらね~!

『鬼殺し』なんて、物騒なネーミングですね。

サラダ記念日さんへ
今回は、歴史的に見て、根拠となる史料がある、ないからの判断で、もし、新たな史料が発見されれば、また改められるでしょうね。
たしかに、鬼殺し・・・って、どこから来てるんでしょうね。

昔から「鬼ごろし」ってありますね。最初に造られた方が商標登録
されていなかったから、あちこちで名前が使われたようです(ネットより)

「鬼ごろし」という言葉の意味は、鬼をも(酔い)殺すほどのうまい酒
という意味だそうです

ちなみに私の知り合いは大福もちで日本酒を飲みます。(げぇ)

「鬼ごろし」って、美味しいのはもちろんのことですが、辛口の日本酒だと聞いたのですが‥?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1504267/43536929

この記事へのトラックバック一覧です: 信長は、「甘党」???:

« 秀吉は、誰の子? | トップページ | 三本の矢の遺言のウソ »